東京(西東京エリア)の浮気調査をはじめとする総合探偵事務所です。

裁判で有効な浮気の証拠とは【西東京の浮気調査】

裁判で有効な浮気の証拠とは【西東京の浮気調査】

肉体関係がわかる証拠を掴もう

パートナーの浮気や不倫に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
浮気が原因となり裁判を起こす場合、浮気の証拠が必要になります。
しかし、浮気の証拠には裁判で有効になるものと、使えないものがあるのです。
パートナーの浮気を知ったとき、パートナーと離婚をするか、浮気を許してやり直すかのどちらかになりますが、証拠にも使い方があるため、知っておくと良いでしょう。
裁判で有効な証拠は、不貞行為をしていたという証拠です。
不貞行為とは浮気相手と肉体関係があったかどうかですが、一度きりの肉体関係では不貞行為とは認められません。
また、顔がわかりにくい場合も、裁判で有効にならない恐れがあります。
そのため、三回以上ホテルへ出入りしている写真や、ホテルの滞在時間が最低でも40分以上だとわかる写真、三回以上浮気相手の家に出入りしている写真が必要になるのです。
裁判では、浮気相手とのツーショットやキスをしている写真は不貞行為と見なされません。
さらに、ホテルに宿泊した領収書も証拠になると思ってしまいますが、シティーホテルの場合はダブルルームに1人で宿泊したと言い逃れてしまうと、浮気の証拠とならないため、領収書だけでは裁判で使えない証拠と言えるでしょう。

肉体関係がわかる証拠を掴もう

裁判で使えない証拠がある

浮気相手とのメールのやり取りも裁判では使えない証拠です。
浮気を匂わせるメッセージのやり取りをしていても、肉体関係が証明できない内容のメッセージであれば、裁判では有効になりません。
肉体関係が確認できる内容のメッセージはほとんどないでしょう。
また、電子メールは誰にでも簡単に偽造できるため、証拠能力としては弱いです。
しかし、浮気や肉体関係を認めた場合は、メールやLINEも証拠となります。
その場合は、プリントアウトしておきましょう。
電子メールやLINEだけではなく、肉体関係を記した手紙やメモ、日記も裁判で有効な証拠となるため、コピーしておくと良いでしょう。
浮気の証拠の集め方がわからないという場合は、パートナーのポケットやお財布の中身、クレジットカードの明細、メール、電話の履歴、ネットの検索履歴を確認してください。
浮気相手とどの場所で、どのくらいの頻度で会っているのか、次に会うタイミング、場所が予測できるかもしれません。
パートナーの浮気を疑い、尾行する人がいますが、疑っていることがパートナーに知られてしまうと、警戒され証拠が掴みにくくなる恐れがあるため、探偵に浮気調査を依頼した方が安心です。

裁判で使えない証拠がある

証拠の使い方

パートナーと離婚したいという人は、浮気の証拠を慰謝料請求に活用しましょう。
浮気の証拠をどれくらい掴んでいるのか、パートナーにわからない状態にしておいてください。
複数の証拠を掴んでいる場合は、小出しにすることで、不安定な状態を与えることができ、裁判が有利に進むことも考えられます。
裁判に有効な浮気の証拠集めは、素人では難しく、知識や手間がかかります。
探偵などの第三者の証言は、裁判でとても有効になるのです。
これから裁判を起こそうと考えている人は、探偵に依頼してみてはいかがでしょうか。
慰謝料の金額は、浮気の頻度と期間で大きく左右されます。
証拠を掴んでいないことまで自白を得られると、慰謝料が増える可能性があるのです。
西東京で浮気調査のご相談なら、探偵事務所ピースリサーチにお任せください。
ピースリサーチは、東京都調布市を拠点とし調布市、町田市、八王子市をはじめとする西東京エリア中心に活動する探偵事務所です。
経験豊富な調査員が在籍しており、浮気調査をはじめとする様々な調査全般を行います。
一度、ご相談ください。

証拠の使い方

お役立ちコラム

西東京で浮気調査を依頼する際は『探偵事務所 ピースリサーチ』へ

会社名 探偵事務所 ピースリサーチ
所在地 〒182-0024
東京都調布市布田1-26-12 ダイアパレス調布 209号
TEL 042-427-4570
URL https://pieceresearch.com

浮気調査・不倫調査についてのコラム

調査のご相談・お見積もりは無料! TEL 042-427-4570 年中無休 24時間受付

浮気調査・不倫調査についてのコラム

PAGETOP